幹細胞培養上清液点滴療法

長い、長い、、タイトルが長くてすみません。

かんさいぼう ばいよう じょうせいえき てんてきりょうほう

東京には幹細胞培養上清液(試薬)を扱うクリニックさんがたくさんあります。美容皮膚科や形成外科では美容の為に扱ったり、最近では慢性痛の治療として受診する人も増えているようです。あかるい診療所では、先日、痛みの箇所に局所注射&全身の為に静脈点滴をされた患者様がいらっしゃいました。いずれも自費診療です。この患者様は、普段は保険診療で痛みの箇所に神経ブロック治療をされていましたが、この時は、幹細胞培養上清液で治療を受けられたので、どんな違いがあるのかを後日、お聞きしました。すると、

「軽い感じになった」と伝言を頂きました!

幹細胞入りの美容液などがた~くさん売られていますが、実際の内容(成分・含有量など)はどうなのでしょうか。当診療所で扱う幹細胞培養上清液は、世界初「無害化処理済み」「圧倒的なサイトカイン含有量120,000pg」「100%ヒト由来(日本人)」「すべて国内生産」「不純物を極限まで除去し、高い安全性と品質を確保」という特徴のある優れた製品です。自治医科大学(研究所)にて、教授を中心に研究開発されています。

体の内外ともに、内容や成分が明確にわかるものを使いたいと思いませんか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次